障害年金はこんな時にもらえる可能性があります

ご病気や不慮の事故により、
         日常生活に不便を感じている・・・
         仕事がしたくても出来ない・・・
など、日常生活に支障が出ているような場合、症状により障害年金に当てはまる場合があります。
障害年金を受けられれば、復帰までの治療費や生活費の一部などに使うことも出来ます。

障害年金は年齢が若くても受けることが出来ます!
障害年金は先天性のご病気を除いて、働きながらもらえる可能性があります!

→ 多い勘違いはこちら

障害年金請求 3つのハードル

  1. 自動的にもらえない(請求が必要)
    老齢年金は一定年齢になると書類を送ってくれますが、障害年金は書類の入手から提出まで全て自分から動く必要があります。
    障害年金請求をご自身で行う場合、多くのケースで最低でも年金事務所に「3回」は出向く必要があり、ご病気を抱えたご本人様はもちろん、ご家族もそれだけの回数を長い待ち時間込みで役所に足を運ぶことの困難さがあります。



  2. もらうためのポイントがいくつもある
    「保険料の納付状況」「最初に病気になった日」「どのような病気」「症状の程度」など、多くのポイントがあり、条件によってもらえる年金の種類はもちろん請求書類も変わってきます。



  3. 同じ症状でももらえないケースもある
    障害年金は書類審査ですので、たとえ同じ症状の方だとしても用意する書類の記載内容によっては、もらえないという結果になることもあります。

障害年金が本来もらえるような症状の方でも、こうしたハードルにより”もらっていない””諦めている”ことが多く見られます。

私達、専門家が障害年金の請求を代わりに行います!

全員が年金の専門家である社会保険労務士の私達が担当します!
事務員による対応などはなく、社会保険労務士がご相談から提出まで様々なサポートをします。

社会保険労務士 丹治和人 社会保険労務士 本間康典 社会保険労務士 神藤浩美

当センター全員が年金の専門家集団である服部年金企画に所属しており、年金の専門家として安心してご依頼いただけます。
→ 社労士向け、金融機関向けの年金初心者教室を開催しています!

静岡県内ならどこでも対応致します!

最初の相談は無料です!お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ

着手金は無料です!

障害年金の請求を行い、万一請求が通らなかった場合には報酬は頂きません。

  • 着手金(請求時)・・・ 0円
  • 実費      ・・・ 交通費・立替分
  • 請求が通った場合のみ
       1.年金額(年金証書に明記された額)の10%
       2.過去のさかのぼってもらえる場合は初回支払額の10%
         のうち1か2の多い方の額

障害年金は請求から認められるまで時間がかかるため、認められた場合の初回振込みは「数か月分」になるため、報酬の支払いに困ることはありません。

まずはご相談ください

申し込みフォームにご記入のうえ送信していただければ、可能性を判断して返信いたします。
プライバシーに配慮したフォームになっており、また入力内容を拝見するのも守秘義務のある社会保険労務士です。
内容に関して他に知られることはございませんのでお気軽にご相談ください。

その上で、ご依頼していただければ状態をお聞きするため、年金専門の社会保険労務士がご指定の場所に伺います。

仕事中の事故(状況にもよりますが)によっては労災になる場合もありますが、当センターは全て労災申請もできる社会保険労務士が対応させていただきますので、労災に当てはまる可能性がある場合にもサポートさせていただきます。(ただし、労災申請に関しては別途料金がかかります)

サポートさせていただいた皆様の声

icon 富士市 58歳女性
私の姉は、交通事故の後遺症で仕事に就けず悩んでいました。
信用金庫の年金相談で服部年金の相談員(社会保険労務士)に出会い、思ってもみなかった障害年金をもらうことができました。ありがとうございました。
icon 静岡市 60歳男性
私の妻は重い「うつ病」でした。ある日病院で、精神疾患でも障害年金をもらえると聞き、社会保険労務士を紹介してもらい、手続きを依頼しました。
その結果、1級に認定され、過去5年分の障害年金約500万円と、今後は月額82,000円をもらえることになりました。大変感謝しております。