障害年金 よくある間違い

障害年金に関しては、様々な勘違い・間違いの情報を持たれているケースが少なくありません。


働いているから(給料が支払われているから)障害年金はもらえない?


国は障害者の雇用を促進しています。
障害年金をもらいながら働いている人は大勢います。


まだ若いから障害年金はもらえない



20歳を過ぎていれば、年齢に関係なく誰でも請求できます。


病院で「障害年金は無理だろう」と言われた


医師の診断書を基に専門家が判断します。
病院や役所の窓口で決めるものではありません。


保険料をキチンと払ってないからもらえない


初めて病院に行った日(初診日)以前の状況で判断します。直前の1年分払ってれば大丈夫ですが・・・


以前「障害年金に該当しない」と言われたから申請しても無理


不満なら何回でも請求できます。
また、その頃よりも悪化していれば早く申請すべきです。


この病気では障害年金は該当しないと思う


病名で決まるのではなく、日常生活や働くのに「どれだけ支障があるか」で判断されます。


まずはご相談してみませんか?
お問い合わせ