障害年金をもらうためには

  1. 初診日に年金制度に加入している

    障害の原因の傷病のため、初めて病院に行った日が大切で、その日に加入していた制度から障害年金が支給されます。厚生年金の方が該当する範囲も広いし、年金額も多くなります。


  2. 保険料をある程度きちんと払っている

    直前(厳密にいうと初診日の2ヶ月前から)1年間は「未納がない」、それがダメなら「過去の未納が、全体の3分の1以下」でも該当します。このあたりは、記録を調べてから確認しましょう。


  3. 障害認定日に障害等級に該当している

    初診日から1年6ヵ月後の状態が、厚生年金なら「働くことに支障が出る」、国民年金なら「生活する上で支障が出る」などなら可能性があります。なお、それらを判断するのは係りつけの医師が書く診断書です。次の場合は、1年6ヶ月前でも請求できます。

    ・初診日が厚生年金
      心臓ペースメーカー・人工弁・人工関節・人工膀胱・人工肛門・・・
    ・初診日が国民年金
      人工透析・手足の切断・・・          ※厚生年金でも可


  4. 1年6ヶ月の時は軽かったが、その後悪化した

    事後重症といいますが、請求した翌月からしかもらえませんから、1日でも早く手続きをする必要が あります。


初回のお問い合わせは無料です!お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ